ピーチを徹底解説!!

kaisetu

ピーチとは?

pititoha
飛行機に乗るときはピーチを使いましょう。帰省や出張、旅行など、さまざまな場面で航空機は使われますが、チケット代はけっして安いものではありません。そのようなときにとても便利な格安航空会社(LCC)です。

ピーチの特徴

日本発LCCの1つで2012年から就航という新しい会社です。それにも関わらず、1年半で累計搭乗数300万人を突破するという実績を誇っています。ピンクを基調にしたカラーリングの機体は1度見れば忘れないでしょう。

関西空港を拠点としていますが、札幌の新千歳空港から沖縄の那覇空港まで、日本の主要空港をカバーしています。他にも国際線で韓国、香港、台湾にも行けます。

ピーチのメリット
安いということが何より大

きな利点です。他の航空会社と比べて半額以下の時も少なくありません。国際線ではサーチャージで別途料金が取られないことも大きなポイントです。

また、就航率が99%、定時出発率が9割を超えており、ほぼ時間通りにフライトしてくれます。これはLCCでは意外と気になる数値です。運賃を安くするために燃料を最低限しか積まない、飛行機の待機時間を短くするなどの取り組みがある一方で、何か不具合があった際にはディレイやキャンセルが起きがちになってしまうためです。

他にも、手軽さでは他のLCCよりも優れています。ピーチは電車のように乗れることを売りにしており、チェックインは機械でオート手続きができるためとても簡単、レシートのような簡素なチケットで搭乗できます。

ピーチのデメリット

まずはサービスの簡素化が挙げられます。これはLCC共通のもので、運賃を安くするためのものです。そのため、一般的な航空会社と同じような空の旅を送ろうとすると、何かと追加料金がかかってしまいます。

機内食や毛布などは有料であることや、機内持ち込みの重量制限などはしっかりと把握しておきましょう。トータルで考えれば結局安いことは変わりませんが、予想外の出費を避けるために必要です。

他にも、ピーチ特有のものとして早割予約がない点が挙げられます。これはチケットを早めに予約するとその分だけ割引されるものです。直前の購入ならピーチが断然リーズナブルですが、前もってスケジュールが決まってる場合は他の会社も見てみると良いかもしれません

リーズナブルさと手軽さ、信頼性を兼ね備えた優れた航空会社であるピーチ。空の旅を楽しみたい方も、手早く移動したい方も快適に利用できることでしょう。

ピーチの口コミ

kutikomi
LCCの中では比較的歴史が浅いピーチ。しかし、今となっては多くの方が利用しています。インターネット上のさまざまな場所に書かれた口コミは良い参考になるはずです。

ピーチを利用して良かったという口コミ

LCC特有のリーズナブルさがもっとも多く取り上げられています。他にも、遅延が少なく、欠航もあまりないため信頼感があるという内容が多いようです。何かあった際にも搭乗率の高い便が優先してフライトしているためと言われています。

ピーチを利用して悪かったという口コミ

客室乗務員の英語がイマイチという声があるようです。日本人利用者では問題ありませんが、外国人の方では少しストレスを感じてしまうかもしれません。

意外と多いものが、ターミナルが遠いという意見です。これは関西空港、那覇空港限定です。これら2ヶ所ではLCC専用ターミナルで飛行機に搭乗しますが、鉄道で駅についてからさらに20分ほど移動しなければならないようです。

チェックインが50分前までですので、余裕をもって移動しましょう。なお、それ以外の空港では他の航空会社と同じターミナルビルを使用しています。

ピーチを利用してまぁまぁ良かったという口コミ

「料金システムが分かりにくいが、海外LCCに比べるとマシ」「前後の席の間隔が短い」「場所によっては他のLCCや新幹線の方が」など、LCC特有のものが多いようです。また、週末に近付くにつれチケットの値段が高くなることが気になるという意見もあります。

口コミ総合まとめ

ピーチをお得に利用するには、よく計画を立てることがコツになるでしょう。追加料金がかかってしまったり、ターミナルまで遠く手続きが間に合わなかったという事態が考えられるためです。

しかし、それらの注意点をしっかりと把握しておけば安心安全、気軽に利用できるとてもリーズナブルな航空会社であると言えるでしょう。

チケット購入の流れ

tikettononagare
ピーチの航空券予約はとても簡単です。インターネットにアクセスできる環境があれば、いつでもどこでも行なえます。

PC

公式ホームページトップの上部に予約購入の欄があるため、そこから手続きを行います。手順はとても簡単で、大きく分けて4つのステップで行えます。

1)各種条件を入力してフライトを検索
毎日の最安運賃をカレンダー形式で表示するベストプライス検索という機能もあります。
2)氏名や住所といった情報の登録
3)座席指定
4)支払い

モバイル

順番は基本的にPCと同じようですが、以下の3つの手続きは行えないため注意しましょう。

  • ・予約の変更、取り消し
  • ・ピーチポイントでの支払い
  • ・Peachアカウント作成

これらを利用したい方はPCサイトかコンタクトセンターで行いましょう。また、手続きの際に発生する各種手数料はクレジットカードかピーチポイントでの支払いのみで、コンビニ支払い、インターネット振り込みは対応していないようです。

ピーチのチケット購入は公式ホームページから簡単に行なえます。新幹線や高速バスを予約する感覚と同じように利用できるでしょう。

ピーチ搭乗手続きの流れ

toujoutetuduki
快適な空の旅を過ごすために、当日の搭乗の流れをマスターしておきましょう。ピーチをお得に利用するためのコツもたくさんあります。

国内線

1)出発時刻60分前まで
以下4つの手続きを行います。この時必要になるものは、予約確認書のバーコードか番号のどちらかです

  • 予約
  • 座席指定
  • 受託手荷物
  • 購入

2)90~30分前まで
自動チェックイン機で手続きを行います。スキャナーにバーコードをかざすか番号を入力するだけ、30秒でサクッと行えます。その後は、カウンターに手荷物を預けます。

3)25分前まで
保安検査場を通過します。関西国際空港、那覇空港では20分前まで受け付けているようです。

4)20分前まで
搭乗口か待合室で待機し、飛行機に搭乗します。時間厳守のため、余裕をもって行動するようにしましょう。

国外線

基本的な流れは国際線と同じです。ただし、国外線では予約確認書のバーコードや番号の他に、パスポート、渡航先によってはVISAを準備する必要があります。それぞれの手続をより早く行わなければならないため、時間により余裕をもって行動すると良いでしょう。

ピーチを快適に乗るためのポイント

1)ピーチカードで更にお得
国内LCC初のクレジットカードで、使用するとポイントが貯まり、チケットをさらに安く買えます。JCBとVISAの2種類、ベーシックとプレミアムの2種類の組み合わせがあり、ベーシックは基本無料、プレミアムは年会費5,400円かかります。

会員はチケットが大幅値下げになるセールを利用できます。ベーシックだと年2回、プレミアムだと年4回のチャンスがあるようです。また、機内販売が割引料金になります。あまり長時間のフライトはありませんが、小腹が空いた時にアイスを買ったりすると空の旅がより快適になるでしょう。

ただし、海外旅行傷害保険は利用付帯です。これは、旅行中の病気やケガを補償してくれるものですが、ピーチは決算しないと対象にならないということです。別の自動付帯のカードを持っておくと安心でしょう。

2)座席指定で快適なシートをゲット
ファストシートは客室の一番前に位置し、足元のスペースが広く快適です。また、手荷物に目印タグが付けられ、早く引き取れるサービスもあります。スマートシートはその後ろや非常口近くにあり、機内の搭乗や降機がスムーズにできます。窓際のプレジャーシートは景色を見たい方にオススメです。

3)ピーチは2種類の運賃プランがあります
最安値で買いたい際は「ハッピーピーチ」になります。各種オプションが付いた「ハッピーピーチプラス」は3~4割ほど高くなりますが、何かと追加料金をかけてしまうよりはこちらの方が安いということもあるようです。

また、閑散期の平日などに最安値となり大手普通運賃の90%オフ。週末は高くなりますが、それでも半額程度だと言われています。

ピーチ搭乗の際に気をつけるポイントは、チェックインの方法がユニークというぐらいで、後は他の航空会社と同じ手順でOKです。座席や運賃プランなどについて工夫すれば、さらに快適でリーズナブルな空の旅を送れるでしょう。

特集!!ピーチとジェットスターどこがお得?

tokusyuu
格安で飛行機が乗れる会社として有名なものにジェットスターがあります。ピーチと比較をしてみると、LCC特有の共通点はあるものの、サービスの面でさまざまな違いがあるようです。

国内線で比較

以下は、大阪―新千歳間、大阪―福岡間の料金を比較したものです。

・大阪―新千歳
ジェットスター:4,590円~1万4,490円
ピーチ:4,780~1万4,780円

・大阪―福岡
ジェットスター:3,590円~1万1,490円
ピーチ:3,780~1万1,780円

これらから分かることは、ジェットスターがわずかに安いながらもほとんど差が見られないということです。場所や時期によって大きく変動するため、あまり優位な差とは言えないでしょう。ピーチの方が各種手数料の方が安くなることが多いため、トータルでは逆転することもあります。

サービスの違いについて比較
1)ターミナル

関西空港だとジェットスターが第1ターミナル、ピーチが第2ターミナルとなり、ジェットスターの方が近くなります。

2)チェックイン
ジェットスターではJALやANAと同じくWEBチェックインサービスがあります。バーコードを印刷しなければならず、それがなければターミナルのカウンターで再度チェックインを行わなければなりません。

ピーチは事前チェックインはできませんが、予約完了時に届いてくるメールに記載されたバーコードを端末にかざすだけ、30秒ほどで行えるためストレスがかかりません。

3)手荷物の重量制限
ジェットスターが7kgまで、一方でピーチが10kgまでです。帰りにお土産をたくさん買うと、引っかかってしまうかもしれません。

ピーチはこんな人に向いている

安さを突き詰める人にオススメです。「ハッピーピーチ」を使えば、ジェットスターよりぐっと安くなるでしょう。また、1人旅の方にも良いでしょう。手続きについて「待つ」ということがあまりなく、スピード感をもってサクサクと行動できるためです。

ジェットスターはこんな人に向いている

大手の航空会社と同じサービスを使用している部分が多いため、安心感を得たい方に良いでしょう。ファミリーで行く場合にもオススメです。

同じLCCの中でも、それぞれサービスの面で個性が見られます。自分にマッチした場所を選ぶことで、より快適な旅行ができることでしょう。

ピーチに関するQ&A

q&a
空の旅は何かと不安が付きものです。下記はピーチについてのよくある疑問をまとめたものです。スッキリ解消して、安心して旅行に行きましょう。

ピーチ航空 預け荷物 料金はいくら?

1個につき1030円~2600円かかります。ただし重さやサイズに制限があり、20キロまで、3辺の和が203cmまでとなっているようです。これらをオーバーすると追加で料金がかかってしまいます。帰りのお土産で超えてしまうケースが多いと言われていますので気をつけましょう。

また、ハッピーピーチプラス運賃の場合は1つまで無料になります。当日に空港で受付した場合は1つ2110円~3680円と少し高くなります。価格は具体的な価格は路線によって異なり、搭乗距離が長くなるほど高くなるようです。

ピーチ航空 営業時間は何時から何時まで?

チェックインカウンターは便が出発する1時間前から開き、出発次第閉鎖します。また、電話にて問い合わせするコンタクトセンターの時間は9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)のようです。天候不良で欠航便が相次いだ時はつながりにくくなると言われています。

ピーチ航空は危険なのか?

世界中の航空会社をさまざまな面から評価しているAirlineRatings.comでは、安全性は7段階中の5となっています。同じ日本LCCであるスカイマークやスターフライヤーと同列で、特別危険であるとは言えません。

ピーチ航空 子連れ旅行でも問題なく利用できる?

生後8日未満は乗れませんが、それ以降であれば心配なく乗れます。年齢によってヒザの上に乗せる、チャイルドシートを利用するなど、対応方法が変わるようです。ヒザに乗せる場合、席が広いファストシートを選ぶようにしましょう。

注意したい点は、2歳以上なら大人と同額ということです。それでも大手の航空会社よりは安いものの、予想外の出費とならないためにも把握しておきましょう。また、シートがバラバラになってしまうリスクがあるため、座席指定必須です。

ピーチ航空は墜落したことがあるのか?

墜落事故は今までありませんが、2014年の4月のフライトで着陸開始ポイントの勘違いによる異常降下があったようです。

ピーチは格安航空会社の中でもとくにコストパフォーマンスと手軽さに優れています。安く旅行したい方はぜひとも利用しましょう。空の旅がより身近なものになるはずです。